子供がもりもり食べる!みきママのおうちレストラン

今回のレシピ小さくて食べやすい!!
屋台風りんご飴

小さくて食べやすい!!<br>屋台風りんご飴

【 材料(作りやすい分量 )】

りんご
1個
レモン汁
小さじ1
さとう
200g
60cc
食紅
少量

【 作り方 】

1
りんごを切る。
りんごを皮ごとよく洗い、真横に半分に切る。さらに、半分に切ったものを6等分に切り芯をとる。
2
りんごに竹串をさす。
変色を防ぐため、レモン汁をかけてから、キッチンペーパーで水分をしっかりとる。
それぞれのりんごに竹串を、平らな面を下にして皮の上から刺す。
3
あめの材料を合わせる。
小鍋に、さとう、食紅を入れ、スプーンで色が均一になるまで混ぜる。水を加え、さらによく混ぜ合わせる。
4
煮つめる。
【3】を火にかけ、弱めの中火で6~7分ほど煮詰める。(この時混ぜると白く結晶化してしまうので触らない)
5
あめが煮詰まったか確認する。
【4】の色が濃くなったら、竹串の先に少量からめとり、水の中に浸してみて、すぐにカチッと固まったら、りんごをからめるサインなので火を止める。(すぐに固まらならなかったら、固まるまで煮詰める)
6
あめをからめて冷やし固める。
【5】の鍋をかたむけけて、軽く鍋をくるりと回し、色を均一にしてから、【2】の竹串を持ち、手早くからめ、クッキングシートに立てておく。
15分ほど冷蔵庫で冷やしてできあがり。
今回のポイント

★本来屋台のりんご飴は、姫りんごや、大きなりんご丸々1個を使い作りますが、姫りんごは手に入りずらく、大きなりんご1個は食べにくいので、子供でも食べやすいように、小さく切ってから作ります。

★りんごは切ると変色するため、レモン汁をかけることで防げます。水分が残っていると、冷やしている時に水分がでてきてしまい、固まりずらくなるので、水分はしっかりとってください。

★火にかけるとさわりたくなりますが、さわってしまうと白く結晶化してしまうので、さわらずに煮詰めてください。火加減と時間を守れば焦げることはないので大丈夫です。

★水に浸してすぐにカチッとするのが重要です。ここで、少しでもカチッとするのがあまいと、うまく固まらず、食感が変わってしまいます。パリパリの食感よく仕上げるために必ず水に浸して確認をしてください。

★火を止めると温度が下がり、すぐに固まりだしてくるので、火を止めたら手早くりんごにからめてください。もし、固まってしまったら、再度弱火にかけ、あめを溶かしてください。

★冷蔵庫にそのまま入れておくと、りんごの水分がでてきてしまい、あめも溶けてきてしまうので、なるべく早めに食べてください。

一覧にもどる